天神の桜

4月9日日曜日娘と天神付近を走っていたら天神中央公園の桜が見えました。
寄って行こうと。
天気があまり良くなかったので桜の色が映えないですが綺麗でしたよ。
天神桜①
中央公園の中に入ってみたらOLさんがお弁当を食べてました。
また、お花見に来ている人も。
天気良かったらな~。
天神桜②
その後、舞鶴公園に行ったけどやはりお天気が。
毎年行くのですが今年はちょっと・・・。
諦めて直方に行きました。
舞鶴桜①
スポンサーサイト
11:33 | 地元の紹介 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

福岡でも桜が咲きました

今日、九州大学病院に行きその後天神でぶらり。
桜が咲いていました。
福岡の桜①
この桜は九州大学病院のなかにある桜です。
今日は曇り空。
桜が映えません。
その後、天神に行きました。
福岡の桜②
警固公園に1本だけある桜の木です。
この公園は福岡の都会の真ん中にある公園です。
今は、警固公園内はチューリップなどの花でいっぱいでした。
天神福岡駅の反対側にでて福岡市役所前に。
福岡の桜③
市役所前にある桜の木です。
下には昼時だったので会社員たちが。
曇り空で残念でしたが桜の木の下はやはりいいものです。
福岡の舞鶴公園では桜まつりがおこなわれています。
16:17 | 地元の紹介 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

嘉穂劇場

昭和5年にオープンした嘉穂劇場。
大正11年に前身の中座がオープンして長い月日の中平成15年の九州北部大豪雨により休業。
その後、いろんな方々の協力で復旧するという歴史があります。
先日、奥さんと一緒に訪れてみました。
嘉穂劇場①
中にはいてみました。入場料一人300円
まず、花道を歩いてみました。
嘉穂劇場②
飯塚市が昔炭鉱で賑わった頃できた劇場です。
話には聞いたことがあったのですが初めて見ました。
飯塚市内の案内標識がないとたどり着かないほど小さいところでした。
嘉穂劇場③
↑↑小道具置場です。
昭和時代のものが沢山。
↓↓奈落の入口です。
嘉穂劇場④
奈落とは、「奈落の底」と言われるように奈落とは地獄のことを仏教用語で言うそうです。
舞台の裏にある仕掛けが真っ暗だったので奈落というそうです。
嘉穂劇場⑤
昭和の時代には有名な人たちが来ていたそうです。
古いポスターが並んでいました。
中には入場券も飾っていました。
嘉穂劇場⑥
最後に2階席から見てみました。
景色が違うものですね。
すべて升席というものをこの歳になって初めて見ました。
嘉穂劇場⑦
機会があったら一度歴史を感じる旅になりますよ。
是非、福岡県飯塚市の嘉穂劇場に
15:01 | 地元の紹介 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

菜の花の道

2017年。今年も葉の花の季節が来ました。
昨年は糸島市の葉の花畑に家内と一緒に行きましたが今年は福岡県古賀市の筵内(むしろうち)という地域にある畑に家内と一緒に見に行ってきました。
古賀菜の花①
ここは7万㎡の花畑に菜の花が600万本。
お弁当を買って行って菜の花畑のそばで食べました。
古賀菜の花②
3月下旬には菜の花まつりをするそうです。
今日は車がたくさん来ていましたが止められないほどではなくゆっくりと見ることができました。
古賀菜の花③
のどかな農村のなかに菜の花が一面。
今日は天気も良く気温もたかく気持ち良いひと時でした。
古賀菜の花④
やはり菜の花にはこのような真っ青な空が似合いますよね。
これからいろいろな花が綺麗な季節になります。
少しはお出かけしていきたいと思います。
17:42 | 地元の紹介 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

あかり絵の世界

1月11日アクロス福岡でコカコーラウェストクラッシックコンサートがあり娘と二人ででかけました。
ウィーン・フィルの腕利きの主要メンバーたちで結成したアンサンブルを聴かせてくれる新春コンサートでした。
一番前の真ん中の席だったのですごい迫力とメロディーに魅了されました。

そのようなコンサートの前にアクロス福岡内を歩いているとあかり絵の世界という昭和の世界が小さく描かれて素敵だったので写真に収めました。
素焼きの人形と照明、博多弁を組み合わせたオブジェがあどけない子供たちの表情と昔の光景が素敵です。
ご覧ください。
あかり絵①

あかり絵②

あかり絵③

あかり絵④

あかり絵⑤

あかり絵⑥
いかがですか?
あかりの中に昭和を見る感じで私は懐かしく思えました。
まだ、まだありましたが6枚だけ写真に納めました。
09:46 | 地元の紹介 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑