福岡空港

福岡空港は国内の空港の中で最も都心に近い空港で有名です。
福岡空港駅から博多駅まで地下鉄で2駅(約6分)と近いところに位置しています。
また、都心にあることから飛行機を間近に見ることができます。
福岡空港①
福岡空港の滑走路の最先端のところに道が走っていてその道には数多くの車が止まっていて飛行機の離着陸を見に行っています。
福岡空港②
福岡空港は国内でも有数の離着陸数があり5分に1便程度の離着陸があります。
そのため、その道に立っていると次々に離着陸の姿を見ることができます。
福岡空港③
さまざまな飛行機の離着陸を真下から見ていると飽きない物ですね。
その中で、テレビでコマーシャルをしているフジドリームエアラインの離陸準備を見つけました。↓↓
福岡空港④
このように離陸間近の飛行機や着陸態勢に入った飛行機を目の前で見ることができる空港はそう沢山はないでしょう。
この道には飛行機マニアや子供の姿がたくさんあります。
また、離着陸の飛行機を横から見るには違うスポットがあります。

たぶん日本で最も都心に位置して飛行機を間近に見ることのできる福岡空港にポチッ!

スポンサーサイト
06:52 | 地元の紹介 | comments (20) | trackbacks (0) | edit | page top↑

伊万里梨

伊万里の名物の一つである伊万里梨をいただきました。
我が社の社員で伊万里梨の生産農家の方がいらっしゃいます。
突然、宅急便が届いてびっくり「伊万里梨」の化粧箱ではないですか。
伊万里梨①
この大きな箱に14個しか入っていません。
つまり、普通の梨に比べると少々大きめです。
今の時期が旬で甘くてジューシーでした。
伊万里梨②
煙草の箱と比較していただければわかりますが普通の梨と比べると大きめです。
大きな梨と言えば熊本の荒尾梨が有名ですがそこまではありませんが大きめですね。
大きめと言っても味は甘くてジューシーです。
伊万里梨には「幸水」「豊水」「新高」と種類がありますが送っていただいたのは「幸水」だと思います。
我が家の娘が梨が好きなのでよかったです。
たくさんあったので息子のところに7つおすそ分けしました。

冷やして食べてみると本当にジューシーで美味しかったです。
美味しい伊万里梨にポチッ!

06:39 | 九州 | comments (22) | trackbacks (0) | edit | page top↑

高原のデッキで

おそらく日本で一番長~い駅名の駅を後にして南阿蘇の雨の中を少々走り昼食を取るために探しました。
すると、同じ南阿蘇に久木野というところに『あそ望の郷くぎの』というところを発見。
雨の中だったけど立ち寄り昼食に。
南阿蘇①
ここも天気が良いと阿蘇の外輪山が一望されて凄く綺麗な風景が広がるところです。
南フランスに似たところだと言われています。(南フランスに行ったことがないのでわかりません)
rika3377さんが南仏に行った時に「阿蘇にそんなところがあるんですよ」と書きこみましたがここがその南阿蘇です。
南阿蘇②
ここ、久木野って蕎麦が有名で『久木野蕎麦』といってそば道場なる物もあります。
自分で蕎麦を打って(プロから指導を受けますが)自分でゆでて自分で食べるって言う体験もできます。
まだ、息子、娘が小さかった頃行った記憶があります。
南阿蘇③
この『あそ望の郷くぎの』は新しい施設のようです。
阿蘇のお土産や農作物を販売していてセルフサービスの食事処もありました。
僕と息子はぶっかけ蕎麦と小鉢をとって、家内はざるそばをとり回し食べ?して…。
雨が降っていなかったらこの綺麗な景色をご紹介できたのに残念です。

プチドライブはこれから熊本にひたすら下り(運転は息子)熊本ICから高速道路に乗って福岡へ。
天気が良かったら凄く綺麗な景色だっただろう景色にポチッ!

06:37 | 九州 | comments (18) | trackbacks (0) | edit | page top↑

おそらく日本で一番長~い駅名の駅

昨日、実家からの帰りちょっと思いつき南阿蘇の高森町を回りました。
それは、以前何かで見かけましたおそらく日本で一番長~い駅名の駅があることを思いつきました。
ちょっと可愛い形をした十二角形の駅舎。
白水高原駅①
無人駅です。中に入るとちゃんと時刻表もあります。
電車が来るのを待っている人が一人いました。
白水高原駅②
『南阿蘇水の生まれる里白水高原駅』というおそらく日本で一番長~い駅名だと思います。
ウィキペディアで調べるとやはり日本で一番長い駅名だそうです。
ここは、南阿蘇鉄道高森線にある小さな無人駅です。
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅は平成4年4月1日開業日本一になったそうです。
電車が入ってきました。
白水高原駅③
素敵ではありませんか?
こんな田舎の南阿蘇鉄道をこのようなカラフルな電車が走っているなんて。
一両編成の電車でなんとなくのどかな感じでした。
このあたりは湧水が有名で白河水源、寺坂水源、湧沢津水源などミネラルウォーターがたくさん取れるそうです。
是非、阿蘇に行く機会があったらちょっと足を延ばしてこの可愛い駅を見てみては。

日本で一番長~い駅名の駅にポチッ!

07:38 | 九州 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏休みに入りました

今日(11日)から19日まで夏休みに入りました。
特に夏休みの予定はありません。というのも家族の休みがばらばらなので計画が立てられません。
計画を立てたとしても先立つ物がないためどこにも行けません(笑)
唯一計画があるのは13日~14日僕の実家のある大分に家内と娘と帰ることです。

夏休みを前に昨日会社でお中元に貰った品で好きな物をいただきました。
「上善如水(じょうぜんみずのごとし)」を選びました。
上善如水①
上善如水は、新潟の白瀧酒造のお酒です。
「軽やかな甘みと綺麗な酸味が瑞々しさを印象づけます。
雪解け水のようなサラサラとした飲み口で、
フルーティな香りの上品な味わいのお酒です。」
とホームページには書いています。
上善如水②
故事百選によると上善如水は「最高の人生のありかたは、水のように生きるということです。水は自分の存在を主張しないで、低い方へ自然に流れていきます。水のようにしてこそ心穏かにすごすことができ、また円満な人間関係を創り上げることができます。」と書いていました。
これは老子の有名な言葉だそうです。
「上善は水のごとし、水はよく万物を利して争わず、衆人の恵む所に処る。」つまり「最高の善は水のようなものでなければならない。
水は万物を助け、育てて自己を主張せず、だれもが嫌うような低い方へと流れて、そこにおさまる」と、述べています。
と書かれているそうです。
このお酒もさらりとした口当たりで水のように…と思われます。
僕も以前ここまで考えたことなく飲みやすいお酒だと思い好きになりました。

お酒を命名するにもなかなか深く考えられているんだなと感じています。
老子の言葉を考えながら飲みたいと思います。

素敵な名前のお酒にポチッ!


10:51 | 独り言 | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑

真夏の空で~す

昨日の福岡は真夏の空に覆われて気温もどんどん上がり36℃近くまで。
何と昨日の最高気温は、隣の佐賀県で全国No.1の37℃を記録したそうです。
夏空①
ちょっと午前中に外に出ましたが暑い!
午後には洗車をしましたがジリジリとくる暑さの中での洗車となりました。
真夏の空が、真夏の太陽がギラギラ!
夏空②
南の海にある台風の影響で暖かい風が九州を覆っているそうです。
昨日、佐賀県で全国最高の37℃、福岡でも36.2℃と真夏でした。
天気予報では、これから一週間程度続くそうです。
僕は8月11日から19日までの10日間夏休みに入りま~す。
夏休みになるまでこの暑さが続く見たいですね。

夏のギラギラ太陽にポチッ!


06:06 | 地元の紹介 | comments (16) | trackbacks (0) | edit | page top↑