スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

歯茎の手術

最近、ブログの更新ができていませんでした。
実は、歯医者に通っていた時に歯茎の中に異物が入っていることがわかりました。
ドクター曰く、このまま放っておくと歯が埋没するというのです。
解消するには、歯茎を切って異物を取り除く手術が必要になるそうです。
その異物とは、エナメル質ではないかとのことでした。
そこで手術できる病院はというと福岡では、九州大学病院か福岡大学病院ではないかとのことで九州大学病院に紹介状を書いていただきました。
まず、九州大学病院に通院するようになりまずは検査を行いました。
そして、歯茎の一部を切って異物を少し取り出し検査へ。
切ったところにガーゼを挿入して縫合しました。
一昨日、切った歯茎に蓋をするというのでガーゼを取り出し、型取りをしました。
型ができて歯茎に埋め込む手術をしている途中、気分が悪くなり、目の前が真っ白に。
だんだん意識が遠くなってきました。
ドクターが、血圧を測り、採血をはじめて、救急外来のドクターを呼びました。
その時には、息が荒くなり意識も薄れてきて「もう終わりかな」という感じになってきました。
僕は、心臓病をもっており「閉塞性筋肥大型心筋症」という病気です。
ドクターや看護師さんから呼ばれても返事ができない。
手を握ってといわれても動かない。
でも救急外来のドクターは、循環器内科のドクターでしたので安心。
テレビなどで見る救急の風景そのものでした。
ストレッチャーに乗せられ、酸素吸入をして点滴をさして、心電図などを付けられ救急外来に運ばれました。
2時間程度、救急外来のベッドで安静にしていると楽になりました。
救急のスタッフから声をかけられやっと普通に戻った感じでした。
来週、再度蓋をする手術をする予定です。
ドクターがいうには、蓋をして半年か1年後に全身麻酔で歯茎の手術をするそうです。
考えるだけで怖い。
今日は落ち着いています。
スポンサーサイト
08:27 | 独り言 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。