スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

アートカクアリウム展~博多・金魚の祭~

今日から博多はどんたく一色・・・と言いたかったのですが朝から大雨!!
娘が今日休みなのでどこかに行こうと言っていましたがどんたくは諦めて今開催中のアートアクアリウム展にいきました。
JR博多シティに娘が用事があるというので選びました。
僕は20代のころから金魚は好きでした。
入場券を購入して入ったところから金魚が・・・・。
金魚①
「あの感動が帰って来る! 累計560万人を魅了し進化し続ける
アートアクアリウム 木村英智の魅惑の世界が九州・博多に再び登場!」
パンフレットにはこのように記されています。
金魚②
この画面は金魚が通るとバックに花が咲く仕掛けです。
江戸時代に中国で突然変異で作られた金魚を輸入し日本文化として進化したものですがこのように現在のデジタル社会の中にあっても色あせない素晴らしいアートとなっています。
金魚③
僕も子供のころから金魚に触れる機会が多く夏に欠かせない風情でした。
大学時代には一人暮らしのさみしさからアパートで小さな水槽で飼ったこともありました。
金魚④
その金魚がこのようなアートになるとはびっくりです。
皆さんも金魚に対して何かしら思い出があるでしょう。
その金魚の美しさが余すことなく素晴らしく展示されています。
金魚⑤
今回の展示に当たっては動画とフラッシュ禁止ですが写真はOK。
入場者はみなスマホを片手に展示されている金魚に魅了されていました。
金魚⑥
水槽に近づいてみると金魚がけなげに泳いでいます。
金魚は鯉のように優雅にというよりけなげという言葉が合う気がします。
金魚⑦
すべての水槽がいろんな色のバックライトを浴びて迫力のある風景です。
和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など、最新の演出技術が融合してます。
金魚⑧
この水槽がメインとなっておりパンフレットの中心に座しています。
この大きな水槽が色鮮やかに変わっています。
金魚⑨
全国各地の「アートアクアリウム~金魚シリーズ~」六本木ヒルズ「スカイアクアリウム」など、これまですべての開催地で記録的動員を集めたそうですが、日本人の心を引き寄せるのでしょうか金魚は。
この会場にはお祭りなどでお目にかかるような身近な金魚からなかなかお目にかかれない高級品種まで色とりどりに芸術として新しい空間を演じています。
娘とふたりで大雨の一日を満喫しました。
明日は天気もよくなりそうですので僕一人でどんたく見物にと考えています。
スポンサーサイト
16:24 | 地元の紹介 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

大興善寺に行ってきました

昨日はすっごくいい天気。
家内と一緒にお出かけしました。
GWが始まったばかり僕は7連休ですが家内と娘は連休がありません。
家内は土曜日と月曜日だけ、娘はGWの間1日だけだそうです。
家内の少ない休みの一日が天気が良いので大興善寺に行きました。
大興善寺は通称「つつじ寺」というほどつつじが有名です。
福岡県と佐賀県の間の鳥栖にあります。
長い階段を上ってつつじの多い山に到着。
大興善寺①
・・・・・・残念でした。
一昨年僕一人で来たときは山全体が満開でした。
当時もGWで来たのに・・・・・・・
家内が感激すると思ったのですが・・・・・・・・
大興善寺②
話を聞くと先日の雨で散ったそう。
行く途中の車の中で家内の感激した顔を想像していたのに。
大興善寺とは1300年の歴史のあるお寺だそうです。
つつじともみじで有名で「つつじ寺」「もみじ寺」と呼ばれています。
山につつじが5万本満開の時の景色は圧巻です。
大興善寺④
本来ならばこんな感じ「一目一万本」というスポットです。
↓↓↓↓これが一昨年のGWに撮った写真です。
一昨年の大興善寺

この景色を見せたかったのにな~
帰りに駐車場で珍しい野菜を売っている農家の方がいて野菜を買いました。
そんな意味でもいい休日になりました

07:46 | 九州 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。