博多どんたく

今日、家内と天神で待ち合わせして博多どんたく港まつりに行きました。
どんたくにしては珍しく天気も良く最高のお祭り日和となったようで。
天神から中洲まで歩いて明治通りの橋の上で見ていました。
どんたく①
順番にパレードが行われました。
これは博多にわか保存会かな?
どんたく②
順調にパレードが進み、自衛隊の音楽隊など楽しんで見ていました。
博多どんたくは200万人が集まるというGWのお祭りとしては日本一といわれています。
どんたく③
みんなが楽しみにしている花自動車も来てソフトバンクホークスの花自動車もお目見え。
どんたく④
その時空が暗くなってきて
大雨になりました。
やはりどんたくは雨に見舞われるというジンクスは当たりました。
20年間で9年は雨だったそうです。
パレードは中止になりましたので家内とお昼ご飯を上川端どおりの日本食のお店に行きました。
初めて入ったお店でしたがこれが大当たり。
粹風菴(すいふうあん)この店すっごく美味しあったので帰って調べたらあの稚加榮で修行して店を出したそうです。
美味しいはずです。今度は夜のアラ料理でもと思いました。

【どんたくの歴史】毎日新聞から
「どんたく」の語源はオランダ語の「ゾンターク(日曜、きゅじつ)」。室町時代の領主への年賀行事だった「松囃子」などがルーツといわれています。博多松囃子は1595年に初めて文献に現れ、筑前領主・小早川隆景が養嗣子を迎えた際の祝宴で披露されたとか。明治期には「金銭を浪費する」として、松囃子禁止令が出されましたが、祭り継続を望む博多っ子たちが、この時から「博多どんたく」と名称を変え祭りを続けたといいます。
スポンサーサイト
18:34 | 地元の紹介 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑