雷山千如寺

福岡県糸島市に雷山千如寺という紅葉の名所があります。
家内と娘と一緒に行ってきました。
あさ、10時くらいかなに出て途中で福岡市西区にめい泉といううどん屋さんでうどんを食べて。
着いたのが12時半くらいかな。
雷山①
銀杏の木ともみじのコントラストです。
寒いかと思って言ったけどだんだんと天気が良くなって暖かくなりました。
団体の環境客も多く賑わっていました。
千如寺の観音様を見るために階段を上って本殿へ。
ここは写真禁止ですのであしからず。
説明を受けるとここの池は心字池(しんじいけ)といって心を模しているそうで600年前に作られたそうです。
雷山②
鎌倉時代にはここ雷山にお寺が300ほどあったそうですが今では千如寺一つだそうです。
何故千あのかというと観音様の手が千、目が千あるそうです。
お寺の裏には五百羅漢といって観音様が山にたくさんあいました。
雷山③
銀杏の木は樹齢400年という大木です。
また、心字池にある松は600年といろんなものが歴史のあるものばかりです。
雷山④
午後から雨も降らず少しづつ回復して買い物に行って帰りました。
家内と娘と僕と休みが一緒になるのは珍しいのでいいドライブでした。
08:09 | 地元の紹介 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ゴジラ

ゴジラが現れました。
これは、福岡県筑前町に突如?現れたゴジラです。
ゴジラ②
かがし祭りというお祭りに合わせて地元の人がわらや竹で作ったものです。
高さは7mと高いです。
見にきている人たちと比べても迫力があります。
ゴジラ③
シン。ゴジラというプレートがあります。
今の話題に乗っかったものでしょうがよくできています。
今日は天気も良かったので見に行ってきました。
今までかがし祭りおいうものは知りませんでしたがニュースでみてこれは・・
ゴジラの後ろはコスモス畑です。
ゴジラ①
コスモスの向こうにゴジラっていうのもなかなか長閑なものです。
今日はほっこりとした秋の一日でした。
18:38 | 地元の紹介 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

御笠川散歩

今日は天気がいいな~!!
朝6時に起きて準備して7時にカメラを持って出発!
心臓が悪いので走ってはいけませ。早歩きもいけません。
そこで散歩ならとすがすがしい朝の川沿いを散歩しました。
空は真っ青!鳩が群れで楽しそうに飛んでいます。
大野城の秋
そんな空を見ながら川沿いに。
御笠川は博多湾に流れている川です。
東には四王寺山。西には背振山に囲まれたそして都心には近いという良い生活環境です。
今日はゆったりと時間が流れた感じです。
川の流れもゆったり?
大野城の秋②
空の色がこんなに青いのっていつ以来でしょう。秋はこんな日がつづきますね。
コスモスもさいてました。
大野城の秋③
秋だな~~~って気持ちになりました。
先日車をぶつけて凹んでいたので少しは癒された。
歩いているとやはり息子を想い出します。
もうすぐ1周忌になります。昨年10月19日(月)で1年です。
昨日、日曜日のミサで神父様にお会いして来週の一周忌ミサの話をしました。
ミサの後納骨堂でお祈りをしていただけるようです。
神父様からあなたも奥様、娘さんも本当に一年頑張りましたね。
涙が一粒ながれました。その後納骨堂に手を合わせて帰りました。
ということがあり今日の散歩で昔息子がバンドのコンテストがあった場所をっとをとおって優勝したことを想い出しました。
ミュージックフェス
こんなに楽しくドラムを叩いていたこともあったんだな~と思いだしその場所で佇みました。
コンテストのない時はこんな感じ
ステージ①
ステージにあがってみました。
ここでドラムを叩いていたんだと。
ステージ③
僕もここに立ち僕たちがみていた観客席を見てみました。
その時はたくさん人がいただろうけど今は芝生だけ。
でも当時は夕暮れの空だったけど今日は朝の爽やかな空。
当時はギターの音人の声といろんな音が、今日は静かな川のせせらぎの音とジョギングの人の息遣い。
でも風景はこんな感じ
ステージ②
調度1年目の19日は休暇を取りました。
その日は午後に病院に行きますがその他の時間は息子と過ごしたいと思います。(僕一人で)
なんであんないい男が、子供のころから東京の幼稚園でも友達と仲良くて。
熊本では小学校の友達が家に絶えることがなく。下関と福岡の中学校でも頑張って。
友達とサバイバルゲームを。楽しそうだったな。

でもいつから?どうなったの?だれが?

2105年10月19日(月)の朝2時が死亡推定時刻とはいっています。
私に連絡があったのが朝6時50分。
僕にとっては朝6時50分から数えています。
今年の10月19日も1日を6時50分から初めて僕ひとりで息子を追いかけたいと思っています。
すごした結果はまたご報告します。
09:59 | 地元の紹介 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

聖モニカ祭

今日、聖モニカ祭という行事が行われました。
カトリック福岡教区の中心である大名町カトリック教会で行われました。
通常のミサの後昨年からの一年間に天に召された人の合同追悼式です。
私の息子にとって最初で最後の追悼式となりました。
息子の友人も遠方から駆けつけていただいたり、お花料をお送りいただいたりともう感激で涙が止まりません。
息子は友人たちに本当に愛されていたのだと改めて感じられました。
モニカ祭①-2
モニカとは、道楽息子に悩んだモニカがお祈りを通して立ち直ったといういわれがあります。
今回のモニカ祭では170名の追悼式となりました。
素晴らしい行事となりました。
息子の友人たちと昼食をとり本日の家族の追悼が終わりました。
家内と娘(妹)、家内のお兄さんと友人たちでお祈りができたのは良かったです。
今後も悲しい日々が終わるとは思いませんが天に召された息子のためにとできることはすべて行いたいと思います。
18:44 | 家族日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

平戸の教会めぐり

今、僕は夏季休暇です。
13日、14日は家内と娘も夏休み。
そこでカトリック発祥というか平戸の教会に行ってみようと息子を連れて行ってきました。
まずは、平戸ザビエル記念教会
ザビエル①
家を出てから西九州自動車道を走って伊万里から海のほうに出て平戸へ。
ザビエル②
午後、着いたのですが暑い。とにかく暑い
ザビエル③
1910年木造の教会堂および伝道館を建設、1913年場所を移して現在の教会を大天使聖ミカエルに献げられた教会として献堂平戸の象徴的な存在になっています。

平戸のホテルに宿泊してミサに授かりたいと全員一致。
調べてみると平戸の教会のミサは早い。見つけたのは9:00の紐差教会
ホテルから30分程度。
行ってみました。
紐差教会
日曜日のミサですがこんなにたくさんの人が集まるんだ。
朝から暑い(冷房がはいってません)汗を流しながら授かりました。聖体拝領は遠慮しました。
紐差教会②
1929年、鉄川与助によって建設。入口の↑↑大階段が特徴、アーチ形の天井や花模様、ステンドグラス等ロマネズク様式で美しい教会です。
タイミングよくミサに授かることができたので平戸のカトリック事情が味わえました。

次は、平戸の隣の島生月にある山田教会は山の上のほうに狭い道を上っていきました。
山田教会①
第一印象。かわいい。って感じでした。
でも中に入ってみると素敵なステンドグラス。
本当に小さくても綺麗な教会です。
山田教会②
正面からはこんな感じです。
この教会も鉄川与助によって建設されています。悲しみの聖母像などに切支丹時代の受難の跡が偲ばれる教会です。

最後に、平戸にもどり平戸大橋を渡って田平に。
ここにも田平教会があります。
田平教会①
これが田平教会の正面です。
田平教会②
入口にはマリア様の像があり重厚感のあるレンガ造りです。
田平教会③
1918年に建立。日本26聖人にささげられたレンガ造りの教会で国指定重要文化財になっています。

こうやって2日で4つの教会を巡りました。
そのほか、平戸口教会、宝亀教会、などなどたくさんあります。
また、機会をつくって巡りたいと思います。(涼しい時にでも)
息子を私のバックに入れて・・・喜んだのではないでしょうか。息子は神様のところに居ますので。

お昼近くなりましたので呼子にイカを食べに行こうと。
海舟に行きました。
海舟①
ここは数年まえ、息子が健在の時家族でいったお店です。
息子といった時は2階の座敷でした。
息子はうに丼を食べたかな?
今回は3人でした1階のテーブル席でした。
イカの活き造り定食、娘はイカ丼を食べました。
海舟②
イカはぷりっぷりで美味しかった。
イカといかしゅうまいなどが付いています。
お刺身を食べた終わったら天ぷらにしていただけます。
これも美味!!

家族三人のめったにない旅行でした。
家族はもう三人しかいません。息子をつれて毎年行けたらいいですね。
17:14 | 家族日記 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑